Soda PDF OCR

Turn any PDF, image, or scanned document into a fully editable file with our Optical Character Recognition (OCR) feature

ここにファイルをドロップしてください ファイルの追加にはタップ
{{model.errorMessage}}
アップロード中 {{model.progress}} % Processing {{model.progress}} %
今すぐダウンロード
Read PDF Files 新バージョンをご利用いただけます!

How to use OCR:

Online or offline

Create PDFs from any application, anytime, anywhere! Work online through Soda PDF Online, or offline by downloading Soda PDF Desktop to your computer.

Run OCR

Do more with your PDF documents! Use the magic of OCR to convert text in your PDF document to plain text that you can copy, paste and edit.

Send by email

Once your PDF file has been created, access it by downloading it to your computer and viewing it in your browser.

ご存知ですか?

OCR is a key tool for digitizing documents

OCR stands for Optical Recognition Software. The earliest version of OCR technology was invented in 1914, long before the invention of PDF or other digital document formats. It was used to read strings of text and convert them into telegraph code. Now OCR is used everywhere from data entry to license plate recognition and has become a key tool for recognizing and digitizing handwritten and scanned documents.

Learn More About OCR

Lots to read?

Have a lot of files to recognize and convert with OCR? No worries! Soda PDF gives you the power to batch recognize text from multiple files at once!

Scan & Recognize

Need to digitize paper documents? Just sit back and watch OCR do its magic! Scan your document, use OCR to recognize the text within, and convert your file to PDF.

Brand-New PDF

Try out our handy online PDF Creator tool to create brand-new PDFs from pictures, documents, or even excel sheets!

オンラインツールについて

セキュリティ保護

当社はセキュリティ技術を使用して、当社のWebサーバーとユーザーのブラウザの間に暗号化されたリンクを確立し、すべてのデータをプライベートに維持しています。

機密性

当社はサーバー上に各ファイルを24時間だけ保管し、不正アクセスを抑制しています。その後、ファイルはサーバーから恒久的に削除されます。当社のチームの誰もこれらのファイルにアクセスすることはできません。

クラウドストレージへのアクセス

Google Drive、Box、Dropbox、OneDriveなどのクラウドストレージシステムに保存されたファイルにアクセスします。

あらゆるデバイス

コンピューター、タブレット、スマートフォンを使用して、いつでもどこでも、あらゆるデバイス上のファイルを処理できます。

*サイズと日々の使用量制限が適用される場合があります